note : National Geographic と僕。

正直ここまでとはまったく想像していなかった。このリンク先の再生回数は、現時点で70万アクセスを超えている。意味がわからない事態になっている。。

経緯はこうだ。National Geographic(以下ナショジオ)のミニドキュメンタリーコーナーに、拙作「The Birthplace of Soy Sauce」の掲載の問い合わせがやってきた。この作品は湯浅町からの依頼で製作されたものだったが、公開後のプランがほぼないといっていい状態だった。流行りのインバウンド向けで英語ナレーションで作っているとはいえ、高いお金をかけてまったく見られないものを作ってもしょうがない。音楽を頼んだ Hybrid Leisurelandさんに何度も修正をかけたり、自分自身も様々な工夫をかなりの時間をかけて手塩にかけて作ったものを無碍にはしたくはなかった。

とはいえネットワークも何もない一カメラマンには限度がある。とりあえずVimeoのコレクション設定で、考えうる限りのグループに追加した。それが目に付いたのかどうかわからない。またラッキーなことに知り合いが Vimeo Staffに連絡してくれたりもした。Staff Picksにはならなかったが色々な展開が生まれた。

最初はSlateというウェブマガのライターからネタとして掲載したいとの依頼が来た。そしてサクラメント・フード・フェスティバルというものの担当者から映画祭で上映したいというメールも来た。色々なことがあるもんだなあと思っていた矢先、ナショジオから掲載依頼が来たのだ。無論断るべくもない。

そして載ったのだ。アドレスはこれ。http://video.nationalgeographic.com/video/short-film-showcase/a-750-year-old-secret-see-how-soy-sauce-is-made

ちょっと夢みたいな話だなあと人知れず興奮した。だがそれで終わりではなかった。

アメリカ人の知り合いから、Ridditのフロントページに載っている!との興奮したメールが来た。

僕は寡聞にして知らなかったが、世界でアクセス数が9位、アメリカでは4位のおばけサイトで、上位にランキングされたのだ。このスクショは42位のものだが、最初はもっと高かったと思われる。


ガイ・カワサキがシェアしてくれたり、いろんなウェブマガで掲載されだした。もう終わったかと思う頃にまた波がくる。一昨日からは今度はVimeoでイイネの連打が来ている。上にアップしたナショジオのYouTubeリンクには、中華系の人たちの「醤油の起源は俺らだ」という書き込みで炎上したりもしている。

それがきっかけかどうかはわからないが、スウェーデンの代理店からの仕事の話が来たり、アメリカのプロダクションから問い合わせがあった。

色々なことを思った。現在北米で空前絶後の日本食ブームが来ているという話も聞いた。一番重要なのは、コンテンツというのは英語で作らねば理解されないということ、皆が知っているがそれに対して少し深い洞察を与えれるものを作るべきということ、そしてそれは悲しいかな日本人ではなく、ショートドキュメンタリーが好きな欧米人向けに作るべきということもわかった。少しでも見てもらうための仕掛けを作らねば映像は無駄になる。いい教訓になった。


note : nowhere #4 A small festival

ずっと作り続けるのは途方もないことに思える。
けれど、親であることをやめることはないので、
子供の成長を撮るということもまた終わることはない。 

それをまとめるのはかなりの時間を要するけれど
後々のためにちょっとだけ頑張りつづける必要がある。
人はともすると何もかも忘れてしまう生き物であるから。 

青享と椿季が神山の保育園で阿波踊りを踊るのも
これで最後だと思うと、一々何に対しても微量の感傷がある。
先生たちや、小さい時から見てきたクラスメートたちの顔を
見ると、懐かしさでいっぱいになる。 


技術メモ: 

今回はCanon 70200 F4にSpeedboosterを付けて撮った。
無論MFになるので、AFの楽チンさに慣れてしまった身には
おそろしく難しい撮影に思えた。久々にやってみて長玉はやっぱり
頂けないなあと。35mmまでの広角で自分が動きながら撮りたいなあと。 前日の仕事での撮影設定のままSlog2になっていて変えないでいたのだが、やはりCine4で撮ったものの方がノイズ感が少ないように見える。Slog3の実験もまだやってないので、実験が要るが、安定感はCine4のがあるのか。

それと今回はスロモで不可避的に出るフリッカーを、Philop Bloom推奨の
フリッカー抹殺対策をやってみた。やり方はいたって簡単、素材を上レイヤーに
コピーして、1フレームだけずらして不透明度を50にするというもの。

動きが若干ぶれる感じになるので、僕は不透明度35にしてみた。 

ただ、動きの方が気持ち悪く感じるところは、あれてフリッカーを残してみた。この辺りは実験である。



note : nowhere #3 Transition

親たるものの宿痾なのか、盆時期は連日のイベントラッシュである。
4日間ぶっとおしで阿波踊りに昂じる徳島県民からすればかなりの甘ちゃんだが、
4日目の最終日のみ仕事で6年ぶりに阿波踊りを撮影した。
昨日の夜は保育園での子供の阿波踊りと下分地区の祭もあった。
それは次回作に回す予定。 


13日は神山の連がこの寄井の町を闊歩する日だ。
だがスケジュールが毎年と違うようだ。
あちらでやるらしいと、近所の婆さんたちとIT企業のサテライトオフィスの前に行く。 

いつものやすおか商店前に来た時間は遅く、毎年のように行っていた
そこにいる人々が入り混じって踊る時間を省いたようだ。
近隣の老人たちは踊るつもりだったと言っていたから、
幾分残念だったろう。

移住者であり、これから去る僕が言うのも変だが、 神山も変わったものだ。人が多くなり、昔の気配がなくなった。 だが僕はそのうらぶれた気配を愛していただけなのかもしれないのだと思った。 それは誰も求めてもいなかったもの、不可避的にそうなっただけのもの。 

子どもたちの服がいつしか入らなくなってしまうように、 とにかく時は誰にも平等に移ろいゆく。 


技術メモ: 

120Pは当然暗部は苦手であるが、それでもやってみることにした。 若干明るい50mmはノイズ等々含めてややマシなレベル。 FS7180Pでやってみようかという気をなんとか抑えてA6300のみで。 今回はツナギ素材として、はたまた物語的な要素を補足するものとして、 普通の24Pで撮ったカットを挿れてみた。 

あと特筆すべきが、AFが暗闇ではかなり不思議な挙動をする点。それとノイズリダクションが「標準」でもかなりきつく入るのが確認できたので、今後はオフにしようかと思う。

Using Format