産土プロジェクトについて


産土プロジェクトは、独自のテーマと切り口で、主に農山村の「限界」と呼ばれている集落の内側を、取材していく映像プロジェクトです。

徳島県神山町在住の映像作家・長岡参をプロジェクトリーダーとして、これまでさまざまな外国人映像作家らとともに取材してきました。2015年度で、活動を開始してから4年目となります。これまで取材してきた内容は、『産土』『産土 —壊—』『産土 —節—』という作品としてまとめられ、今まで世界のあちこちで多くの人に鑑賞され、共感と支持とを集めています。

「産土」とは、土地そのものであったり、その土地の神のことを指す言葉です。人が産まれてから死んでいくまで、その人のことを守り続けると信じられてきたといいます。

外国人作家らとともに旅していくことで、自然と何かに手を合わせたり、頭を下げたりする、日本人の行為や習慣こそが、自分たちの特徴であり、またよりどころではないかと思うようになりました。

乱開発や環境破壊などを繰り返す一方で、一本の草木のために祈る文化がある。当たり前なこと過ぎて、ことさら特筆すべきものではなかったかもしれませんが、そういうものが失われつつある現在、少しでも形に残したいと思ったのです。

わたしたちのアイデアリストの中には、これから行きたいところ、取材したい内容で溢れています。

どうやってこのプロジェクトを続けていくのか、正直模索しながらではありますが、今の時代にしかできない表現と内容で、これからの未来の人々にとって、必要不可欠となるような「なにものか」を作ることができたらばと、切に思っています。 

http://ubusuna-project.com/ 

About Ubusuna Project

The Ubusuna Project is a video project that covers mainly agricultural so-called “disappearing” villages from the inside, with unique themes. Cinematographer Mile Nagaoka has worked as project leader with a variety of cinematographers from around the world on each assignment.

The 2015 fiscal year marks the fourth year since the project began. The films “Ubusuna” and “Ubusuna – 2” contain the first two years of material, and have been screened in several locations around the world, gathering empathy and support. Works will continue to be produced for the Ubusuna series.

The word ubusuna refers to the land itself, as well as the god of that land. People believe that their ubusuna protects them from when they are born until they die.

In recent years, Japan has come to be considered an advanced economy facing new challenges. Perhaps the concept of ubusuna offers some hints for overcoming these challenges and living positively into the future. This word can be thought of as an alternative to the concept of national territory. It is an embodiment of the Japanese spirituality and worldview.

As environmentally damaging development and environmental destruction continues, a native culture of praying over each blade of grass still remains. This feels almost too obvious to put into words, but as this culture continues to be lost in the present day, the goal of this project is to somehow leave a record of it.

The series aims to document stories using contemporary sensibilities and technology, rather than merely long sentimentally for that which has passed, praise everything blindly, or stiffly report on events. 

http://ubusuna-project.com/english

Using Format